医院開業・クリニック開業を徹底サポート 医院開業を税理士や社会保険労務士などの専門家がサポートします。

開業支援

事業計画・開業時税務

相談事例

専門家活用方法

事務所

失敗しない医院開業 - 無料

小冊子

完全無料の小冊子 『失敗しない医院開業』、『医療法人化Q&A』、『税務調査Q&A』、『節税小冊子』など無料ダウンロード!

「失敗しない医院開業」の詳細はこちら

医院開業コラム

従業員を採用する際の注意点
面接で全てを見抜くのは難しいもの。経験上一つだけハッキリ言える事 ~社会保険労務士:北見和茂~
医業をサービス業と考えるなら
特に大切なのは、いかに集患を行うかです。 ~クレアコンシェル㈱:奥村光英~
伝えたい事を分かり易く伝えるツールはWEBマンガ
院長の考えをマンガを通じて患者様に伝えます。 ~㈱必然:田端一雅~
新規開業のためのWEB集患対策
Google、Yahooで目に留まるのは上位10~20件程度です。 ~㈱GENOVA:中島幹彰~
「医院開業コラム」一覧を見る

ホーム › 労務管理 › 就業規則策定

就業規則策定

就業規則策定

1. 就業規則

労働基準法では「常時10人以上労働者を使用する使用者は就業規則を作成し、労働基準監督署に届出なければならない」と定められています。就業規則を作成する目的は次のとおりです。

  • 労働条件の明確化
  • 職場規律の確立
  • 労使間トラブルの防止

また、就業規則を作成するにあたり記載する事項は次のとおりです。

  • 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を2組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項
  • 賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期ならびに昇給に関する事項
  • 退職に関する事項(解雇の事由を含む)
  • 相対的記載事項(定めをする場合に記載する必要がある事項)
  • 退職手当
  • 臨時の賃金(賞与)
  • 安全衛生
  • 災害補償
  • 表彰及び制裁    等

2. 院内就業ルール

労働者が10名未満の使用者は就業規則を作成する義務はありません。ただし、就業規則を作成する目的と同様のねらいから必要最低限の項目についてはルールづくりをすることが大切です。

> 社会保険・雇用保険

お問い合わせ

Copyright(C) 2011 medipass-inc All Rights Reserved.
Supported by Nobleweb